粒状であったり苔状や塊状など病状の違いで

包茎手術経験者に聞く包茎手術の真実

MENU
RSS

粒状であったり苔状や塊状など病状の違いで

通常包茎手術後にツートンカラー状態になるのは、内板と外板の縫合部分に色素沈着が発生しているからなのです。このような色素沈着によって、ツートンカラーをさらに目立つものにしているのです。勃起状態だと、男性の性器で非常に皮膚の厚みが少ないカリのすぐ後ろの部分は、充血によって皮膚の色が次第に変化するので、ツートンカラーはまるで気づかれません。包皮小帯(裏スジ)が正常と比較して短ければ、無駄な包皮がない場合でも、亀頭が包皮で覆われ気味で困っているという人がいることも報告されています。

 

こんな症状の方については、包皮小帯が突っ張らないようにする処置を行うことにより改善が可能なのです。まだ挿入していなくても射精してしまったり、1分も持続することができない…こんなことが数年前から継続している、そういった強固な早漏を、両方が治らないと思っている恋人同士の二人やご夫妻も多いと思います。事実、包茎解決の治療と同時に実施する人が一番多いのですが、包茎治療の後で、数週間程度してから亀頭増大を行う場合や、亀頭増大だけの人など色々です。

 

間違いなく包皮輪のサイズが十分でなくて、大きく勃起したら陰茎が赤黒く腫れてしまうほどの症状が重いカントン包茎の男性は、すぐにでも手術を申込むのがベストです。病気と違って保険を利用することはできませんので、自腹での診療となるのですが、外見が嫌なのであれば、レーザーや電気メスなどを使ってペニス表面のフォアダイスを取り除くことができるようになっています。性病などの感染症じゃないのは知っていても、フォアダイスっていうのは白色のブツブツの見た目がまるで病気みたいだと思い悩んでいる方がたくさんいて、もしも困っているのなら、除去するための治療がベストです。

 

共通の決まりがあるわけじゃないのですが、たいていの場合早漏はオチンチンを女性の膣にインサートしてから2分程度までで、コントロールできなくなって勝手に射精しちゃう状態を指します。包皮小帯(裏スジ)が正常に比べて短ければ、無駄な包皮がない場合でも、亀頭が包皮で隠れることが多い状態になってしまう方も少なくありません。このケースだと、包皮小帯が突っ張らないようにする手術を行えば改善が可能なのです。

 

亀頭直下法だったら、傷口の縫合ラインが亀頭のカリ部分のすぐ下になりますから、手術完了後に恥ずかしいツートンカラーにならないのです。ここ数年は傷跡が気にならない亀頭直下法での手術が、包茎治療の主流になっているのです。ここ数年の研究では、感染しやすい尖圭コンジローマに感染している男性の精液中からも、一致するウイルスが発見されたので、精液によっても他人にうつっていくものではないかという研究もあります。新開発のうつ病治療用の薬の含有成分の中に、射精をセーブする効能があることが発見され、早漏解消に効き目のある医薬品として医療現場でも使われるようになりました。頭に効いて早漏の解消を目指します。